広島市流通センター株式会社
会社沿革
設立の経緯
 広島市は、中・四国地方の中枢都市として発展を続けており、流通面においても、瀬戸内経済圏の中核としての使命を有しております
 しかし、広島市の都市部に集中立地する流通業務施設は、施設の狭あい、拡張用地取得難、道路交通のふくそうなどにより、流通機能の低下をきたし、時代に即応した流通業界の近代化、合理化が強く要請されるところとなりました。
 このため、広島市では、西部開発臨海埋立地内に、国が定めた「広島市(周辺地域を含む。)の流通業務施設の整備にかかる基本方針(昭和47年9月)」に基づき、中央卸売市場、卸売業、製造加工業、トラックターミナル、倉庫等を集約立地させ、中・四国地方の中枢的役割を果たす一大流通業務団地の建設を推進することとなりました。
 この流通業務団地において、トラックターミナル及び倉庫は物流の基幹施設となるものであり、広島市では、これらの施設を公共的立場から、建設、運営するため、資本金の60パーセント(増資後は69.98パーセント)を出資して、当社が設立された次第であります。

沿革
昭和50年 3月 資本金4億1千万円で会社設立。
8月 一般自動車ターミナル事業免許取得。
昭和52年 4月 1号棟、2号棟荷扱場72バース供用開始。大型駐車場69台、小型駐車場58台、便益施設、管理棟供用開始。
昭和53年 4月 損害保険会社の資本参加及び株主割当による増資(5億9千万円)を行い、資本金10億円とする。1号倉庫供用開始。
昭和55年 4月 3号棟荷扱場12バース供用開始。
10月 給油所営業開始。
昭和56年 12月 4号棟荷扱場12バース供用開始。
昭和57年 10月 2号倉庫供用開始。
昭和63年 6月 3号倉庫供用開始。
7月 大型駐車場20台増設供用開始。
平成元年 6月 4号棟増築荷扱場12バース供用開始。
平成2年 10月 大型駐車場59台増設供用開始。
平成7年 9月 小型駐車場55台増設供用開始。
平成11年 5月 大型駐車場24台、小型駐車場49台増設供用開始。
平成16年 9月 付設駐車場供用開始。
平成23年 5月 来客用小型駐車場5台増設供用開始。
平成28年 11月 1〜4号棟荷扱場照明LED化。

home
広島市流通センター株式会社 〒733-0832 広島市西区草津港三丁目2番1号
TEL(082)277-6121 FAX(082)279-8392 info@h-ryutu-c.jp
Copyright©2004 Hiroshima City Distribution Center Co., Ltd. All Rights Reserved.